読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものがたり

本とか映画とかってたのしーよね~^^

雑記・修学旅行

10月下旬、秋。

関東地方は結構寒い、

半袖なんて論外な程。

 

 

 

しかし、飛行機を降りて目にしたのは…

 

青い空に膨れ上がった入道雲、

半袖に短パンの現地民、

ムワッと暖かく湿り気を含んだ空気、

真っ赤なハイビスカスと茂る緑の葉。

 

 

 

まるで、真夏の様な景色で

とても秋だとは思えないそこにびっくりだ。

 

 

 

もうわかった人もだろう…

修学旅行先、それは 沖縄 だったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ハイサーイ!!」

「ハイターイ!!」

迎え入れて貰った現地の方は、とにかく明るかった。

まず、そこで学んだのは  歴史  。

 

昔、真珠湾戦争があって

 起こった悲惨な出来頃の数々を知った。

 

 

しかし、私が思ったのは、

「戦争って酷いな」

もあったがそれ以上に

 

「なんでこれを学ばせんるんだろう」

 

だったのだ。

 

 

(´-`).。oO【きっとこんな事があったのかな…

 

 

やはり、戦争を生き抜いた人達は

もう2度と似たような時間を送りたくないのだろう。怖いし、苦しい…そう思うのは自然だ。

 

しかし、戦争を知らない世代が必ず

世の中を占めて動かすのは目に見えている。

 

だが、第一もう戦争をするなんてイヤだ。

それに大切な人にも、そんな目にはあって欲しくない。

 

そこで、思った。

 

 

子供に戦争を学ばせよう。

 

 

 

 

戦争は恐ろしい。酷く、必要のない事なのだと。そう教えれば、戦争をしようとしないだろう。再発を止めるだろう、と。

 

そうすれば、自分達はもう酷い世の中を生きなくて済む確率が高くなる……。

 

私達、学生が学ぶのは

生きるためでもあるが1番は

 

<big>大人のエゴ</big> だと考えている。

 

 

だって、今よりもっと豊かで楽な時間を生きたい。そう思う人が沢山いる。

 

だから、教育があると思う。

大人達が望む世の中を作るために、子供は勉強をするのだ。その為の補助も納得がいく。

 

 

よって戦争も同様なのだ。

ただ、私自身も戦争の中を生きたいとは決して思わないから 反対はしない。

 

あなたはどう思うのかな?

 

 

 

 

 

 

 

さて、戦争について考えた後は

お昼ご飯の時間を迎える。

 

 

 


この日は「沖縄そば」だった。

 

うーん、ラーメンとうどんの中間な感じだったなぁ。まぁ、美味しかった。

 

 

 

しかし、もっと美味しい料理をこの日食べた。

 

それは…ッ


 

   \ズキューン/

\\民 泊 で の 夕 飯 //

 

 

 

これがすこぶる美味しい。

沖縄の方のご厚意に感謝してたくさん食べてしまった。

 




え、この出た腹の原因?


サーターアンダーギー((ドャァ

あと少しで

3桁制覇する所だったのは秘密。